室内

販売の形態

間取り図

分譲物件と仲介物件

不動産購入は一生の夢と考えている家庭は少なくありません。もし横浜市で海のある暮らしをしたいと考えるならば、金沢区の不動産がおすすめです。金沢区は横浜市唯一の自然海岸である野島海岸があることで知られています。また金沢区内にはレジャーを楽しめる施設があり、家族で暮らすにはもってこいの場所です。ただし金沢区に限らず、不動産は何も考えなしで買うと、後でこんなはずではなかったと後悔する可能性が高いです。購入を検討したらある程度の知識を頭に入れておきましょう。ここでは住宅の販売形態について取り上げてみますが、これは大きく2つに分けることができます。1つは分譲住宅という形で不動産会社が直接販売する住宅のことです。また売主が販売を不動産会社に委託して、受託した不動産会社が代わりに窓口となって販売することもあります。一般に新築マンションは分譲住宅として販売されることが多く、一戸建て住宅でも販売戸数が多い物件ならば分譲住宅で売られることがあります。もう1つは仲介物件と呼ばれる住宅で、仲介者を通じて住宅を購入する形態です。仲介者になるのは売主から仲介を受けた不動産会社が一般的です。販売戸数の少ない一戸建ては、仲介物件として扱われることが多いです。分譲物件と仲介物件の大きな違いは、不動産会社への仲介手数料が発生するかどうかです。仲介手数料の上限は不動産の売買価格によって異なり、売買価格が400万円を超えると売買価格×3%プラス6万円が上限です。仲介手数料は意外とかかるので、しっかり計算をしておきましょう。

マンション

少しでも高く売る

都市部には交通の便も良いため多くのマンションが建てられています。その中で早く相場に近い価格売る為には、自分にしかしらないであろう情報を得ることです。そうすることで、マンション査定の際に希望の額へ近づけることができるかもしれません。

男性と女性

別荘を購入するときの流れ

伊豆で別荘を購入する時には注文住宅なら地元の専門の工務店に、既存の別荘を選ぶなら地元の不動産仲介業者に依頼するのが良い方法です。相談を通して候補を絞り込み、申し込みをして売買契約を締結するのが流れですが、注文住宅を建てるときには並行して建築計画を立てることになります。

芝生と家の形

深刻化する危険物件

空き家は固定資産税がかかり、物件の維持が難しいものですが、空き家バンクなどを活用すれば管理が楽になります。空き家を所有している場合には、このようなサービスを利用しましょう。